復縁断念例1:連絡先を消去して新しい恋を探している。

24歳の東京に住んでいるOLです。田舎から上京してきて3年目の私は、大学時代から付き合っていた彼氏と別れ、新しい出会いが無いか日々合コンやクラブなど出会いの場に足を運んでいました。

 

そんな中で30歳のメーカー勤務の男性と出会い、お付き合いすることに。

 

初めての年上の彼氏で、彼が東京生まれ東京育ちということで私が知らない場所やイベントなどを
たくさん教えてもらい、優しくユーモアがある彼と一緒にいることができてとても幸せだなと感じていました。

 

しかし付き合って半年くらいが経ったあたりから、彼の連絡は少なくなり私が連絡をしても
返事をくれない日々が続きました。

 

不安でしたが、私は彼が好きだったため連絡が来なくても何か理由があるのだと言い聞かせていました。
しかし他にも遊んでいる女の子が何人かいたようであっけなく破局。
「失恋」というにはあまりにも短い間の付き合いでしたので、あまり実感も無く特に普段の様子と変わらないように過ごしていました。

 

しかし2週間くらい経つと、彼のふとした表情、話し方など、時が経つと思い出せなくなっていくのではないかと不安になる自分がいました。

 

気が付いたらLINEで連絡を彼に送っていました。今思うと寂しい気持ちをどうしても埋めたかったんだと思います。彼は特に何も無かったかのように返事を送ってくれて、1回会うことになりました。

 

会った瞬間、「ああ、私はまだこの人のことを好きだったんだな」と思いましたが、彼は特に私と会うことに対して、何かしら特別な感情を持っているようには思えませんでした。

 

結局仕事のことや、友達のこと、色々なことを話しましたが「もう一度やり直したい」と言うことが言えませんでした。きっとその時の私はプライドがあって、自分から何かを得ることよりも、相手が欲してくれるのではないかと勝手に期待していたのだと思います。

 

結局その日以降彼とは会っていません。なぜなら、連絡先を自ら消してしまったからです。

 

今後もきっと連絡をすると彼は会ってくれるとは思います。
けれども、そんなたまに会うだけの関係を私は望んでいるわけではないので、それであれば連絡を取らないようにするには連絡先を消すしかない、と泣きながら連絡先を消しました。
自分の弱い部分をどうにかして強制的にリセットしたかったのかもしれません。

 

今の私はまだ完全に彼のことを忘れられたわけではないけれど、徐々に新しい恋へ向けて頑張らなければ
いけないなと思ってます。

 

誰でもない彼を探すのはもうやめて、前向きにスタートを切ろうと奮闘中です。

 

こんにちわ元復縁コンサルタントのDrリャンです。

 

これは断念されたケースですが、もちろんは復縁可能です。

 

ただこの男性は浮気性である可能性が高くそして改善することが難しく、復縁は望まないほうがいいと思います。

 

なので正解ともいえます。